--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.07

熊野三山へ行ってきた

10月5日
ほぼ突発的に熊野三山詣でに出発。

熊野三山とは
熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社
の三つのお社のことで、
三本足で有名な八咫烏(やたがらす)がお祭りされているわけです。

最終目的は、熊野那智大社で、
やたがらすの形をしたお守りを手に入れること!
理由は、以前持っていたこのお守りのやたがらすさんが、
三本足から、足の糸がほつれて八本足になってしまったから・・・

大阪市内を抜けて、堺から国道310号線→国道168号線へと進み
ひたすら南東方面へ。
なんと!片道7時間近くをかけてまずは熊野本宮大社へ到着。
石段を登りさっくりお参りを済ませる。
ここで念願の朱印帳を購入し、本宮大社の御朱印を頂く。
朱印帳熊野本宮大社で手に入れた朱印帳。三本足のカラスというよりハト・・・
熊野本宮大社の御朱印熊野本宮大社の御朱印。ちゃんとやたがらすサマが押されています。

そして熊野速玉大社へ移動。
本宮大社から車で約30分くらいで到着。
本宮大社と違い平面に神社があるので助かった。
ここでもしっかりお参りをする。
そして買ったばかりの朱印帳に御朱印を頂く。
熊野速玉大社の御朱印ここでもちゃんとやたがらすサマ付き。

速玉大社の三番目のお社には
熊野の地へ最初に神様が降り立ったといわれる場所に建立されたという
神倉(かむくら)神社の別院のようなものもお祭りされていて、
神倉神社へ行かなくても、ここをお参りすれば
神倉神社へお参りしたことになるらしい。
ちなみに神倉神社は速玉大社遠いのかというと、
そうでもないらしい。
じゃぁ、折角だしそっちも行ってみるか!
と思いきや、
「今はハチがすごいから危ないよ」
とのこと。
そんなわけで、神倉神社は却下。
このまま熊野那智大社へ。

速玉大社から更に車で約30分。
熊野那智大社周辺に到着。
神社の駐車場というものが見当たらず、
どうも、周辺の民間駐車場に車を止めないといけないらしい。
車を止めて表参道へ。
エーーーーー
と嘆きたくなるくらいの石段を登って登って登って(ry
やっとお山のてっぺんの熊野那智大社へ到着。
ふらふらしながらお参り完了。
念願の三本足のやたがらすお守りGET!!!
やたがらすのお守り
これだよ!コレが欲しかったんだ!!!
この子の足がほつれて8本足に。。。
こんなところそう簡単に来られる場所じゃないし
買いなおしなんてもう出来ないだろうし、
今度は大事にするからね!
そしてここでも御朱印を頂く。
熊野那智大社おぉぉぉ!ここの御朱印がなんとなく一番カッコイイ!

そして山を下りながら三重の塔を眺めつつ那智の滝を見学へ。
那智の滝
スゴーイ!
大きい!!
カンドーした!!!
さすが滝自体を神様扱いしているだけのことはある!!
そしてなんと、この滝のお社でも、ここの御朱印を頂ける。
当然新しい朱印帳に御朱印を押していただく。

わーい。今日だけで熊野三社と神倉神社と那智の瀧と
5つも御朱印押してもらっちゃったヽ(´ー`)ノ
片道7時間掛けてきた甲斐があったよ~。

次は伊勢神宮行くぜ!!
待ってろ伊勢神宮!!
2008.07.10

回想編:みゅっこ、美容室へ通う その③

3日目
敏感肌のみゅっこが
結婚式当日に美容室で用意される化粧品が合うかどうか
お化粧のリハーサルも兼ねて試してみた。
一応美容室で用意されるのは、
化粧水や乳液などの基礎化粧品と
ベース(化粧下地)と
ファンデーション。
資生堂さんの敏感肌用シリーズです。
その他リップやチークやアイシャドー等のポイントメークは
万が一を考えて持参したものを使うことになりました。
いつもと違う色味のシャドーやチークやリップを
使うということもあるかもしれないが、
やっぱりプロにメークをしてもらうと
かなり雰囲気が違う。
日常でも使えそうなプロのメークの仕方などを聞きながら
メイクリハーサル終了。
これで1日生活をしてみて
痒くなったり赤くなったりヒリヒリしたりしなければ、
使用したメークアイテムを当日も使いましょう、
ということになりました。
結果的に肌の方はなんともありませんでした。
メイクリハーサルをたことで
なんとなく当日の雰囲気がつかめたのも良かったかな?
まぁ、メイクリハーサル料は結構したけどね・・・。











Posted at 09:20 | 結婚式 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.09

衝撃のRadeon4870

最近良く、旦那様のパソコンが
起動時にエラーメッセージを出しつつ固まった。
どうもマザーボードがおかしいらしい。
そこでマザーボードを交換しようということになった。
が、時はボーナス。
さらに、直前に会社から表彰を受け報奨金まで出ていた。
つまり、資金はそこそこ潤沢。
マザーボードだけで済むわけがなかった・・・。

つい最近Radeonから新しいグラフィックボードが出ていた。
いわゆる4000シリーズ。
当然ハイエンドの4870が欲しいでしょうが、
お値段的にはミドルレンジの4850がお財布には優しいわけです。
まぁね、売りに出されたばっかりだし
人気あるだろうから4870なんてきっと売ってないよ。
(むしろ売ってないで下さい)
と思いつつ
お気に入りのにっぽんばし(あえてひらがな)の
ツクモへ行くと、
あるんだよコレが・・・
4870・・・( = =)
それも最後の一個・・・
もちろん欲しがる旦那サマ。
財務大臣様の決済により
来月からのお小遣いから少しずつ返済するという
どこの家でもありそうなお約束の上
家計から足りない分を出してあげることになった。

ということで現在の旦那様のパソコンは

CPU:AMD Phenom X4 9850 Black Edition
(↑ゴールデンウィークに買った)

(↓今回買ったもの)
マザーボード:ASUS CROSSHAIR ⅡFORMULA
(NVIDIA nForce 780a SLI)

グラフィックボード:Radeon 4870
           MSI R4870-T2D512
   
メモリ:4G(いつの間にか増えてる)

OS:Vista Ultimate

鬼のようなスペックです。
別にね、オーバークロックさせるわけでもないらしい。
職業柄&趣味として
いいモノを手に入れたいんだって。
まぁ、お小遣いの範囲内でならお好きにどうぞなのです。

で、このスペックでモンハンのベンチマークテストをやってみた。
(モンハンのベンチマークは↓からDLできます
ttp://www.4gamer.net/games/034/G003450/20080618001/ )
画像解析度は1280*1024

画像が流れるように動き、
モンハンオンラインにしか出てこない龍が羽ばたくと
その風圧で画像が揺らめくところまで再現されている。
圧巻なのは、最後に龍が巣に戻ってくるシーンで
風圧によりおそらくキノコの粒子か何かが、
キラキラとダイヤモンドダストのように舞い上がるシーンは
本当に映画のようにきれいだった。

結果・・・
13000超え

今までのスペックだと7000近くがやっとだったから、
単純に倍の数値になりました。

うむ、今回はRadeonがんばった!

続きを読む
Posted at 16:28 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2008.07.07

回想編:みゅっこ、美容室へ通う その②

2日目
ネイルを作ってもらうための準備をするために
再び美容院へ。
まず爪のケアをしてもらう。
ハンドクリームを塗ってもらって
暖かいタオルでくるんでもらう。
気持ちいぃ( ´▽`)
さらにマッサージまでしてくれる。
なんか、セレブな気分だぁ・・・
その間にネイルの色やデザインを選ぶ。
色はクリームベージュをチョイス、
デザインも自分で気に入ったものをチョイス。
あとはどの指にネイルアートを施すか。
美容師さん曰く、
10本の指全部にアートを施すと野暮ったい感じがするので
ポイントになる指だけアートを入れたほうがいいですよ、とのこと。
でもよく10本全部にアートしてる人いるけど、ダメなの?
と聞くと、
新婦は基本的に手袋をしてるし、
やはり手袋を取ったときに注目されるのは
結婚指輪をしている左手の薬指なので、とのこと。
なるほど、全部アートにしないのは
左の薬指に一番注目してもらうためでもあるのか。
ということで、左の薬指を含めた
左手2本、右手3本の指にアートを入れてもらうことにした。
まぁ、後でわかるが、新婦は基本手袋なので
指なんて殆ど見てもらわないんだけれどね。
そしてハンドケアと爪のケアをしてもらい、
甘皮をとってもらった後、
みゅっこの爪の形に合わせてベースとなる付け爪をカット。
これを下地にデザインをしてくれるらしい。
ちなみにネイルアートは専門分野の方がするんですか?
と伺ったところ、
いや、普通の美容師で、ネイルアートが得意な人が作ります、
とのこと。
今時の美容師さんは何でも出来るんですね~
と感心していると、
結婚式を担当する美容師は、今やコレくらいできるんですよ~
と笑っていた。
今や式場担当の美容師さんはヘアや化粧だけではなく、
挙式関連の美容に関するもの全てをこなす時代なのか・・・
と感心した日であった。





Posted at 17:26 | 結婚式 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.07

回想編:みゅっこ、美容室へ通う その①

GWに東京へ帰って来たみゅっこは、
いたち様と共にそのまま東京に残ることとなりました。
理由は
衣装室で衣装の再サイズ合わせ&
ベールや手袋や小物合わせをすることと
美容室で美容打ち合わせをするために
何度かホテルへ行かなければならないから。

まず1日目。
この日はみゅっこ母がついてきた。
新婦の母はデジカメを片手にうれしそうだったが、
生憎肝心の新婦のはずのみゅっこは、
もう結婚してから2年ということもあり、
どうしてもテンションが上がらない。
まず衣装室へ。
とりあえずウエディングドレスが入るか試着。
もちろん入るますよ~
狭い中ウエディングドレス姿で
ずるずる母親の元へ見せに行く。
母親がんばってデジカメで撮影。
まぁ、あなたが満足してくれればいいデスヨ>お母さん
そしてドレスに合わせてベールと手袋をチョイス。
ベールは無地のもの以外は買い取りになるらしいが
やはり無地だといまいちなので
仕方が無いから買取のベールを選ぶ。
手袋はサテンの生地のひじ丈の長さのものをチョイス。
こちらはレンタル。
ネックレスやイヤリングは、
皮膚が弱いので金属を身に付けられないため諦めていたが、
他のウエディングドレスとセットになっているパールのネックレスが
殆ど留め金以外金属を使わないデザインで
これなら大丈夫だろう、ということでお借りすることに。
カラードレスのほうもちゃんと体が入り無事終了。
当日、披露宴の後にホテルの中で行う
『お茶会』へカラードレスを着たまま行きたいんですが?
と聞いてみると
大丈夫ですよ
とのこと。
当日はホテルに宿泊なので
部屋のクローゼットに置いておけば
チェックアウト後に引き取りに行きますとのことだった。
便利だ~。

その後美容室へ。
当日の髪形やお化粧についての打ち合わせ。
ティアラは金属のため使えないので
生のお花で髪を飾ることにした。
お花は美容室では頼めないので、
ホテル内にある日比谷花壇へ
直接個人的に行って頼まないといけないらしい。
ドレスのパンフレットや髪型の雑誌などを見ながら
最終的には適当にプロにお任せします、
という最強の呪文を唱えてヘアに関しては終了。
ネイルは、まぁみゅっこも主婦ですから、手荒れもあるし、
コンタクト使用者なので爪も短く切っているので、
ネイルアートを施した付け爪を作ってもらうことに。
問題はメイク。
なんにせよ皮膚が弱いので、
美容室のメイクアイテムを使用するのが怖いわけです。
一応大手化粧品の資生堂さんのヘアサロンですから
敏感肌用のメイクアイテムが揃ってはいるものの、
やはり心配だと言うことで、
メイクリハーサルを受けることにした。

美容室での打ち合わせを終えた後、
髪に飾るお花を選びに日比谷花壇へ。
そこで髪飾りのフラワーカタログを見せてもらっていると
その中にチョーカーが!
ウエディングドレスのネックレスは決まったが
カラードレスには最終的にはネックレスなどは無し、
と言うことになっていた。
でも、このチョーカーならいけるんじゃない?
サテンのリボンに小さな生花をくっ付けてるだけだもん。
うん、きっと大丈夫!
ということで髪飾りと共にチョーカーも注文。

こうしてこの日は終了。






Posted at 16:56 | 結婚式 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。