--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.04

中国茶の話③

6分類以外に
花茶(はなちゃ・ファチャー)
工芸茶(こうげいちゃ・ゴンイーチャー)
茶外茶(ちゃがいちゃ:お茶の木や花以外で作られたお茶)

があります

花茶にも
①花だけで飲めるようにしたお茶

②お茶の葉に花の香りをつけたもの(茶葉のみで香りは花)

③お茶の葉と花を混ぜたもの(茶葉と花をそのままブレンド)

があります
代表的なものを上げるとすると
①には小さなバラだけを使った玫瑰(メイクイ=バラ)茶や
菊の花だけを使った菊花(キッカ)茶があります
②には高級な茉莉(ジャスミン)茶があります
③には桂花(ケイカ=キンモクセイ)烏龍茶や
 安めのジャスミン茶があります
お茶の葉に花の香りを移す作業は大変らしく
そのため茶葉と花をただ混ぜただけのお茶よりも高級になるため
ジャスミン茶にもピンからキリまであるようです

工芸茶は
お湯に入れると花のように開いたりするお茶です
主に緑茶を糸で束ねて作ります
見た目を楽しむには一番のお茶です

茶外茶は
お茶の葉や花以外のもので作られたお茶のことで
ちょっと前に話題になった雪茶(ゆきちゃ)や
花粉症に効くといわれている甜茶(てんちゃ)があります

雪茶による肝機能障害事例もあるように
どのお茶もそうですが、お茶は嗜好品です
健康維持のためのお薬としての効き目は薄いです><
摂取過多はおすすめしません
適度にお飲みください

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/27-21a54673
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。