--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.09

メイドカフェ 再び

7月6日金曜日

とあるネトゲで知り合いになったお二人様が
大阪へ来るということなので、
お昼から夕方までの二人の空いている時間に
大阪ミナミ地区を中心とした観光案内をしてみた。
心斎橋の駅から商店街を抜けて
道頓堀の『ぼてじゅう』でお昼ごはんを食べ、
水掛不動として有名な法善寺にお参りし、
そのまま北上してNGK前から道具や筋へ抜けて、
日本橋(にっぽんばし)の電機屋街で
PC関連ショップをぶらぶら。
そしてその後、彼らにとってのメインイベント

メイドカフェへ行ってみる

のはじまりはじまり。

今回は通りがかりに見つけたこちらのお店

C C O ち ゃさん

中へ入ると当然ながら
「お帰りなさいませ、お嬢様、ご主人様~」
のご挨拶。
が、このお店、雰囲気が普通のメイド喫茶とちょっと違っていた。
それは、お客さんの性別が男女半々だったのだ。
メイド喫茶って言ったら男性のお客さんがほとんどだと思ってたよ・・・

店内を見てみると
1階にガラス張りのお店があると言うこともあり
自然光が入り込みなかなか明るく、
壁も木の壁で清潔感があり、
正直女の子好みの店内の内装なのだ。

さらにメイドさんの質もなかなか。
というか正直お人形さんのようにかわいかったわぁ。
正統派メイド服を着たのメイドさんながら、
元々かわいい子たちなんだろうね。
女からみても嫌味がないくらいその服が似合って見えて
とってもメイドさん達はかわいらしいかった。

普通に喫茶店としてもやっていけるだろ?

とさえ思ったがそこはメイドカフェ!

二人組みの一人のYさんがアイスコーヒーを頼んだ。
そしてメイドさんのサービス開始。
めいどさん:
「ミルクをお入れしてもよろしいですか?」
Yさん:
「お願いします」
めいどさん:
「シロップをお入れしてもよろしいですか」
Yさん:
「お願いします」

ここからが最高にメイドカフェが
メイドカフェたる所以ともいえるサービスだった!

メイドさんは突然歌いだし
アイスコーヒーを混ぜ始めた!

「ま~ぜ~ま~ぜ~、おいしくな~れ♪
 ご主人様のためにおいしくな~ぁれ♪」


そしてストローの飲み口を「キュッ」と曲げて
アイスコーヒーをご主人様の方へ差し出した。

「お待たせしました♪(ニッコリ)」

ブワッハッハッハッハッ・・・(笑

えぇ。大爆笑しましたw
いや、もう最高w
メイドカフェへ来た甲斐があったってもんです。

そしてここでの出来事が
彼らにとって一番の大阪の思い出になりましたとさ。
めでたしめでたし。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/231-df4b518f
この記事へのトラックバック
心斎橋筋商店街心斎橋筋商店街 (しんさいばしすじしょうてんがい)は、大阪市中央区 (大阪市)|中央区にあるアーケード商店街。歴史は古く、18世紀半ばに「呉服屋松屋」(今の大丸)が店を出した頃には、当時の心斎橋周辺に商店がいくつも集まり、すでに買い物の町として形
| 大阪探索どっとこむ at 2007.08.01 06:43
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。