--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ③

6月24日
雨の大阪は電気街として有名な日本橋(にっぽんばし)へ
(注:東京の日本橋は「にほんばし」と読む)
一生懸命捻出した10万円を持っていざ出陣。

行く先はお気に入りの電機やさん
ツクモ電機のなんば店。
CPUの値段表をじっと見つめる。

インテルCore2の値段表を見ていると
Duoシリーズの上にQuadのQ6600が。。。
お値段約7万円・・・
当然一番欲しいのはコレだろう。
でも正直今は身分不相応の代物。
Duoで今は我慢してもらうしかない。

そこでコストパフォーマンス的に
E6600に目をつける。
2.4GHzでお値段約3万円。
E6420とE6700と比較しても断然イイ。

その隣にはAMDのCPUの価格表もある。
いつも「Athlonはダメポ。やっぱり時代はIntelだ」
とか言っている人だからCore 2 Duoにするだろうと思いきや、

「今回はAthlonにする」

Σ(- -ノ)ノ

なんですと?
今までさんざん
AMDは(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌
と言ってたのにどういう心境の変化じゃ?

答えは所持金とクロック数。

携帯電話の計算機機能を持ち出して
売り場をウロウロうろついていると思ったら
Core 2 Duo E6600(2.4GHz)

64X2の6000+(3.0GHz)
と、自分で欲しいと思ったマザーボードを
合わせた金額で比較すると
64X2の方がクロック数が高いのに
値段的にはあまり変わらないらしかったのだ。
(これはAMDの指定CPUと
 マザーボードをセットで購入すると
 当日5000円割引が受けられるという
 フェアがあったことも影響している)

こうしてCPUは
Athlonの64X2の6000+(3.0GHz)と決まった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/221-6fcad926
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。