--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.30

冷やしあめ

関西にしかない飲み物のひとつが

冷やしあめ


テレビで以前この存在を知って以来
大阪にいるうちに
一度は味わってみたいと思っていた物のひとつだ。

ところがこっちへ来て知ったのだが
この冷やしあめ、最近では扱っているところが
急激に減っているそうな。

そういうわけで全然その姿を見れず
自分の中では
幻の飲み物と化してきていたちょうどその時
やっと冷やしあめさんに遭遇。

場所は
箕面の滝のお茶屋さん

一杯250円


高いか安いかはわからないけれど
関西名物なればやはり一度味わいたい
ということで購入。

冷やしあめ
(写真は飲みかけ)

見た目は琥珀色
べっ甲飴の色に似ている。
味は
冷たい紅茶に砂糖をたくさん入れてしょうが汁を混ぜた感じ。
ものすご~くおいしい、というものではないけれど
しょうがが入っているのでさっぱりしていて
夏にはなかなか合う飲み物だと思った。

ちなみに
Wikipediaの『冷やし飴』

(普通は『冷やしあめ』と『飴』の部分はひらがな書き)
のページを参照してみると
麦芽水飴に生姜の搾り汁を混ぜた飲み物らしい。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/176-f93589f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。