--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.06

人生ゲームM&A

M&A

今や幻のボードゲームと化した
人生ゲームM&A
なんと!手に入れた人がいたのだ!
某ド○キで売っていたらしい。。。

早速遊んでみた

まず使用するお金の単位が普通の人生ゲームと違う
一番小さい金額で
ナント!10億!!

10億・50億・100億・500億・1000億・5000億・1兆

という単位の紙幣を使用

車に人間ピンを刺して進めていくのは普通の人生ゲームと同じ
ただし、普通の人生ゲームは結婚→子供誕生で
人間ピンが増えていくのに対し
M&Aではヘッドハンティングや経営に必要な人材を手に入れた!
というマスに止まることによって人数が増えていく。

お給料は就職する代わりに会社を買収して行き
その会社の収益を決算マスごとに手に入れ、
そのお金を元にさらに買収マスに止まったら
ほかの会社を買収していく仕組み。

企業買収の専門用語が結構出てくるので
用語を学ぶには楽しみながら覚えられるので良いかも。

ただ、せっかくのゲーム内容なのにゲームのマス数が少なすぎて
あっという間に終わってしまい、
ゲームで使うはずだったカードや買収先の企業がかなり余ってしまった。
提携カードなんて1枚も使わずじまい・・・。
もうちょっと遊べるようにするためには
自分たちでルールを変えて
2週するようにしたり、
ルーレットの最大数を変更してみたりするのが良いかも、と思った。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/128-8f753c83
この記事へのトラックバック
人生ゲーム人生ゲーム(じんせいげーむ)は、1960年にアメリカ合衆国|アメリカMilton Bradley社(現ハスブロ|Hasbro社)から発売された、ボードゲームである。概要原型は1860年ごろ、イギリスの印刷業の社長Milton Bradleyによって考案された「The Checke
人生ゲーム | れいのブログ at 2007.06.12 05:54
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。