--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.03

茶羽茶楼(チャウチャロウ)

大阪は心斎橋にある中国茶屋さん

茶羽茶楼(チャウチャロウ)

へ行ってみました。

店内には大きな木の一枚板で出来ている
大きな彫りの装飾テーブルや、
螺鈿細工が施された食器戸棚、
たくさんの中国茶器等が置かれていました。

こちらのお店には台湾出身の方いらっしゃることもあり、
お店のお勧めは
『ウーロン茶』の系統(青茶)。

今まで通っていたお茶屋さんでは
大陸の方がいらっしゃるお店が多かったので
緑茶やジャスミン茶を勧めて頂く機会がほとんど。
あまりおいしいウーロン茶には出会わずじまい。

そんな中、遊びに行った浅草の中国茶問屋さんで飲ませて頂いた
1回分で5000円近くするかもしれないという超高級ウーロン茶が
唯一今まで飲んだ中でおいしいウーロン茶だったので
興味津々、

[陳年烏龍茶(30年物)]

を頂いてみました。

これはすごいよ~
ヾ(〃^∇^)ノ♪ ♪

はじめは味も香りもプーアルっぽく
味は濃厚でまろやか。
なんか香ばしい感じ。
色もとっても濃い茶色。
というか、こげ茶。
それが3煎目くらいになると
だんだん本来のウーロン茶っぽい感じになっていく!
黒茶→紅茶→青茶を1種類の茶葉で味わっているような感じ!

15年物という烏龍を
とあるお茶屋さんで頂いたことがあるけれど、
ここまでプーアルっぽい感じはしなかったと思う。

こんなすごいものをどうやって手に入れたのか伺ってみると、
たまたま、30年間茶葉を持ち続けていたお茶屋さんから
譲っていただいたものだそうです。

ウーロン茶の陳年ものはプーアルと違い
2年に1回焙煎しなければならず、
手間隙がかかるのでなかなか手に入らないらしい。
今お店においてある分が無くなったらおしまいだそうな。
なんともラッキーな時に伺えたっぽい!

こうして、初めて行ったお店なのに
3時間
居座り続けました。

いろんなお話を伺えただけではなく
ほかのお茶まで頂いて
さらにトドメに茶壷まで頂いてしまって、
本当に申し訳ない思いでいっぱいです(-人-)
また遊びに行こうと思います(=①ω①=)フフフ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://myomyomyo.blog15.fc2.com/tb.php/125-8b8bf96d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。