--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ⑥

ヤマダ電機のポイントが6000円分あった。
そこでハードディスクはヤマダで購入することにし、
残りのメモリを含めてツクモ電機さんで購入。

AMDの指定CPUとマザーボードの
セット割引5,000円と
グラボキャンペーンの割引で
1箱に付き1,000円割引をつけてもらう。

CPU
21,885-
メモリ1Gが2枚で
12,361-
マザボ
24,266-
グラボが2箱
16,171-
16,171-
〆て
95,397円ナリ

旦那が店の人に
「端数まけてくれ」
と頼んでみるが
「上記の7,000円割引で
 いっぱいいっぱいなんですよ><
 勘弁してください><」
と今にも泣き出しそうな顔をされたので
致し方なく引き下がる。

ツクモからヤマダのLABI1へ移動
地下1階で160GBのハードディスクを購入。
ポイントを引くと現金支払い分が4,500円

今日持ってきた10万円を
ものの見事に使い切ったわけですよw

ということで
電源費用を含めると
約11万円で揃いました。

旦那曰く
「ザクがニューガンダムになった」
くらい一応性能UPしたらしい。
さすが5年前にそこそこの材料で組み上げたPCでも
5年たつとあっという間に性能落ちになるわけです。
本当にこの世界、技術革新が早すぎます・・・
とりあえずこれであと5年持ってくれればいいんだけれどねぇ
続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 18:14 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ⑤

次にグラフィックボード

AOpenの

Aeolus F86GT-WD256X


1箱約17,000円
なぜだか二箱持っている??

「なんで2箱いるの?」

このグラボはSLI対応。
つまり2枚のグラボを同時に使うことで
性能をUPできるという性質を持っている。
当然さっき選んだマザーボードも
グラボ2枚を使用できるSLI対応だ。

理論はわかった。
でもどうして2枚使う必要があるの??

返ってきた答えが

「お前、今まで俺が使っていたグラボは
 1枚で3万位の物だぞ?
 1枚じゃ足りないだろ?」

ふ~ん・・・
そっか・・

・・・・・・

えぇ、確かにこの時点では良くわからない
金銭理論に納得していた。

でも家に帰ってから
「技術革新甚だしいこのご時世、
 5年前に3万したグラボだってなぁ
 今日買ってきたグラボ1枚より性能低いんだよε=(´-`*) 」
と、2枚購入させた理論根拠そのものを打ち破る発言をする・・・
(今まで使っていたグラボはGeforce6600)

この時にやっと

ハメラレタ!

という事実に気が付くのであった・・・orz
Posted at 17:44 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ④

次に
「これがいい」と言っていたマザーボードを見に行く。

業界NO.1と謳われる
ASUS製の

M2N-SLI Deluxe

値段を見て愕然とする・・・
マザーボードで25,000円超えって・・・
orz

正直商品名を見る前に値段に目が行ったよw

でもこの一つ下のマザーボードは現品(展示品)限りで
お値段18,000円

この25,000円のマザボは当然箱入り。
そして性能的には群を抜いている。
将来性バッチリな子だ。

が、いかんせんお値段が。。。

「全部まとめて10万以内だったら
 いいって言ったじゃないかヽ(`Д´)ノ」

えぇ、言いました。。。

残りグラボとメモリとHDと全てひっくるめて
10万円以内ならいいと確かに言いました・・・

じゃぁ、他も合わせて10万以内なら。。。

ということでこの豪華なマザーボードをチョイス・・・orz
Posted at 17:23 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ③

6月24日
雨の大阪は電気街として有名な日本橋(にっぽんばし)へ
(注:東京の日本橋は「にほんばし」と読む)
一生懸命捻出した10万円を持っていざ出陣。

行く先はお気に入りの電機やさん
ツクモ電機のなんば店。
CPUの値段表をじっと見つめる。

インテルCore2の値段表を見ていると
Duoシリーズの上にQuadのQ6600が。。。
お値段約7万円・・・
当然一番欲しいのはコレだろう。
でも正直今は身分不相応の代物。
Duoで今は我慢してもらうしかない。

そこでコストパフォーマンス的に
E6600に目をつける。
2.4GHzでお値段約3万円。
E6420とE6700と比較しても断然イイ。

その隣にはAMDのCPUの価格表もある。
いつも「Athlonはダメポ。やっぱり時代はIntelだ」
とか言っている人だからCore 2 Duoにするだろうと思いきや、

「今回はAthlonにする」

Σ(- -ノ)ノ

なんですと?
今までさんざん
AMDは(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌
と言ってたのにどういう心境の変化じゃ?

答えは所持金とクロック数。

携帯電話の計算機機能を持ち出して
売り場をウロウロうろついていると思ったら
Core 2 Duo E6600(2.4GHz)

64X2の6000+(3.0GHz)
と、自分で欲しいと思ったマザーボードを
合わせた金額で比較すると
64X2の方がクロック数が高いのに
値段的にはあまり変わらないらしかったのだ。
(これはAMDの指定CPUと
 マザーボードをセットで購入すると
 当日5000円割引が受けられるという
 フェアがあったことも影響している)

こうしてCPUは
Athlonの64X2の6000+(3.0GHz)と決まった。

Posted at 16:59 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ②

買い替えメモ
1:マザーボード
2:CPU
3:メモリ
4:グラボ
5:ハードディスク

現状の我が家の家計を考慮すると
すぐに用意できる金額が5万円。
でも5万じゃ一式買い換えるのは当然無理。
10万は無いと揃えられない。
じゃぁ、どこから後5万円を捻出するか・・・

出せるところは1つしかない・・・
みゅっこの結婚前からの貯金・・・
結婚生活必需品を買ったり
去年テレビを買ってしまったりと
色々使ってしまったので
今や残る残高10万円・・・

このお金は本当に万が一
病気や怪我で入院した時や
実家で何かあった時に戻るための交通費にと思って
手を付けたくなかったお金だ。

でも我が家の通帳には
引き落としを考えると
すぐに10万円も出せるほど余裕は
残念ながら今はない。

胃をキリキリさせながら考える・・・

残り5万円はここから出すしか本当に無いのだ。
でも旦那PCは仕事の処理でも使うもの。
無いと困るのは本当だ。

ボーナスが出たら1円も使わず
非常時用口座へ補填することを条件に
10万円を用意することになった。


Posted at 16:16 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ①

とある日・・・
旦那サマパソコンが不調に陥る。
原因ほぼ特定。
恐らく電源。

6月23日
今まで500Wだったので
550Wの電源をケーズデンキにて購入。
12,980円也
(このうち1万円は旦那が自分のお小遣いから出した)

その夜
電源を変えてみてPCを動かすが
ハードディスクが不調。
仕事柄プロとまでは行かないが
セミプロの能力を生かし
ハードディスクの再生を試みるも
ハードディスクにザオリクは効かなかった・・・

とどめに・・・
「マザーボードもアカンかもしれんorz」
(注:何度も言うがウチの旦那様は関東出身)

こうして旦那様ご自慢のパソコンは
5年間のお役目を終えた。


Posted at 16:00 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。