--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.04

リアルラックが物を言う?

以前融合した2匹のダークアイさんのその後…
2匹を融合して誕生させた
初期値知力4スタートのダークアイさんの名前を『知力4』
普通にリセットしたダークアイさんは初期値知力3だったので
こちらは名前を『知力3』にして育成開始

両方がレベル10の時点での知力の比較
知力4:36
知力3:40


見間違いではなくて
本当に初期値知力4だったこの方の知力数値が悪かった:;

仕方なくこのままレベル15まで育成
知力4:56
知力3:61


知力3スタートのダークアイさん
物凄い成長です(゚∇^d) グッ!!
それに比べて知力4の融合産ダークアイさんの能力ときたら
( = =)トオイメ

仕方がなく知力4をリセットしてみた
現在レベル10にして
知力35…
<(T◇T)>
もうこの子はだめな子決定…
融合産だから成長が悪いのか?
それともリアルラックなのか?
まだダークアイ融合してみて育ててみなくっちゃねぇ

スポンサーサイト
Posted at 14:50 | 童話王国 | COM(0) | TB(0) |
2005.08.04

中国茶の話③

6分類以外に
花茶(はなちゃ・ファチャー)
工芸茶(こうげいちゃ・ゴンイーチャー)
茶外茶(ちゃがいちゃ:お茶の木や花以外で作られたお茶)

があります

花茶にも
①花だけで飲めるようにしたお茶

②お茶の葉に花の香りをつけたもの(茶葉のみで香りは花)

③お茶の葉と花を混ぜたもの(茶葉と花をそのままブレンド)

があります
代表的なものを上げるとすると
①には小さなバラだけを使った玫瑰(メイクイ=バラ)茶や
菊の花だけを使った菊花(キッカ)茶があります
②には高級な茉莉(ジャスミン)茶があります
③には桂花(ケイカ=キンモクセイ)烏龍茶や
 安めのジャスミン茶があります
お茶の葉に花の香りを移す作業は大変らしく
そのため茶葉と花をただ混ぜただけのお茶よりも高級になるため
ジャスミン茶にもピンからキリまであるようです

工芸茶は
お湯に入れると花のように開いたりするお茶です
主に緑茶を糸で束ねて作ります
見た目を楽しむには一番のお茶です

茶外茶は
お茶の葉や花以外のもので作られたお茶のことで
ちょっと前に話題になった雪茶(ゆきちゃ)や
花粉症に効くといわれている甜茶(てんちゃ)があります

雪茶による肝機能障害事例もあるように
どのお茶もそうですが、お茶は嗜好品です
健康維持のためのお薬としての効き目は薄いです><
摂取過多はおすすめしません
適度にお飲みください


Posted at 13:03 | 中国茶 | COM(0) | TB(0) |
2005.08.04

中国茶の話②

中国茶は製法と水の色から6つに分類されています
(5分類ともいわれている)

6分類では
緑茶(りょくちゃ・リューチャー)
白茶(しろちゃ・パイチャー)
黄茶(きちゃ・ファンチャー)
青茶(あおちゃ・チンチャー)
紅茶(こうちゃ・ホンチャー)
黒茶(くろちゃ・ヘイチャー)
(5分類だと紅茶と黒茶が同じ分類になるようですが
 現状6分類の方がメジャーだと思いますので6分類を採用)

発酵度の度合いから見ると
緑茶(発酵度低い)<白茶<黄茶<青茶<紅茶<黒茶(発酵度高い)
となります
発酵度が低いと体の熱をとる作用があり
発酵度が高いと保温作用があります
また、発酵度が高いとカフェインの量も低くなるので
寝る前などは黒茶がオススメです

お茶の色の濃さから見ると
白茶(色が薄い)<黄茶<緑茶<青茶<紅茶<黒茶(色が濃い)
という順番になります

ちなみに最近では良く知られている
ウーロン茶は『青茶』
プーアル茶は『黒茶』
の分類です

ジャスミン茶は?というと、
緑茶にジャスミンの香り付けをしたものがジャスミン茶であり
基本は緑茶ですが
花を混ぜたということで
6分類とは別の『花茶(はなちゃ・フォチャー)』
に分類されます

Posted at 12:12 | 中国茶 | COM(0) | TB(0) |
2005.08.04

中国茶の話①

最近凝っているものは『中国茶』
いろんな種類のお茶をその日の気分で飲んでいます
なので、ちょっとだけ中国茶のお話を…

お茶の木は紅茶も緑茶も全部元は同じ木で、
カメリア・シネンシス
といいます
この種類の木が世界中で色々なお茶になる訳です

世界ではお茶のことを
『ティ』や『チャ』や『チャイ』と呼んでいるところが多いですよね
元々お茶のことを中国では地方によって
『ティ』や『チャ』と呼んでおり
中国から世界へお茶を輸出することによって
言葉がそのまま世界へ広まったのだそうです

参考文献:株式会社ワールドフォトプレス社発行
        茶楽2 中国茶の真実
Posted at 11:42 | 中国茶 | COM(0) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。