--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.09

衝撃のRadeon4870

最近良く、旦那様のパソコンが
起動時にエラーメッセージを出しつつ固まった。
どうもマザーボードがおかしいらしい。
そこでマザーボードを交換しようということになった。
が、時はボーナス。
さらに、直前に会社から表彰を受け報奨金まで出ていた。
つまり、資金はそこそこ潤沢。
マザーボードだけで済むわけがなかった・・・。

つい最近Radeonから新しいグラフィックボードが出ていた。
いわゆる4000シリーズ。
当然ハイエンドの4870が欲しいでしょうが、
お値段的にはミドルレンジの4850がお財布には優しいわけです。
まぁね、売りに出されたばっかりだし
人気あるだろうから4870なんてきっと売ってないよ。
(むしろ売ってないで下さい)
と思いつつ
お気に入りのにっぽんばし(あえてひらがな)の
ツクモへ行くと、
あるんだよコレが・・・
4870・・・( = =)
それも最後の一個・・・
もちろん欲しがる旦那サマ。
財務大臣様の決済により
来月からのお小遣いから少しずつ返済するという
どこの家でもありそうなお約束の上
家計から足りない分を出してあげることになった。

ということで現在の旦那様のパソコンは

CPU:AMD Phenom X4 9850 Black Edition
(↑ゴールデンウィークに買った)

(↓今回買ったもの)
マザーボード:ASUS CROSSHAIR ⅡFORMULA
(NVIDIA nForce 780a SLI)

グラフィックボード:Radeon 4870
           MSI R4870-T2D512
   
メモリ:4G(いつの間にか増えてる)

OS:Vista Ultimate

鬼のようなスペックです。
別にね、オーバークロックさせるわけでもないらしい。
職業柄&趣味として
いいモノを手に入れたいんだって。
まぁ、お小遣いの範囲内でならお好きにどうぞなのです。

で、このスペックでモンハンのベンチマークテストをやってみた。
(モンハンのベンチマークは↓からDLできます
ttp://www.4gamer.net/games/034/G003450/20080618001/ )
画像解析度は1280*1024

画像が流れるように動き、
モンハンオンラインにしか出てこない龍が羽ばたくと
その風圧で画像が揺らめくところまで再現されている。
圧巻なのは、最後に龍が巣に戻ってくるシーンで
風圧によりおそらくキノコの粒子か何かが、
キラキラとダイヤモンドダストのように舞い上がるシーンは
本当に映画のようにきれいだった。

結果・・・
13000超え

今までのスペックだと7000近くがやっとだったから、
単純に倍の数値になりました。

うむ、今回はRadeonがんばった!

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 16:28 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.28

Cook どぅどる堂

最近遊んでいるのが
オフラインのフリーゲームソフト

Cook どぅどる堂

素材を組み合わせてお調理を作っていくという
お料理シミュレーションゲーム。

レストランを継いだ料理人の主人公が
おいしい料理をメニューに載せて
たくさんのお客さんに来て貰うことにより
レストランの経営をしていくというお話。

初め【焼く】だけの腕前から
なべやオイルポッドなどの調理器具を手に入れていき
【煮る】・【揚げる】・【醗酵】と
いろんなバリエーションで
お料理作っていかなければならない。

特に【醗酵】で調味料を作ってから
料理を作っていくというアイディアには
びっくりした。

いろんな食材を組み合わせて
いろんなお料理を作っていくのは
現実のお料理とまさに同じ感じで
結構楽しいです。

当然ゲームなので
作り方や素材におや?っと思うところもあるけれど、
基本的には現実のレシピを知っていないと作れないので
なにげに料理に詳しくなりそうな予感。

ただレア料理の素材の入手がなかなか難しく
大量に買っても自動入手が出来ないのが難点。

レミュオールの錬金術師のように
素材を大量入手したら
簡単に手に入れられるようにして欲しかった。
Posted at 17:56 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ⑥

ヤマダ電機のポイントが6000円分あった。
そこでハードディスクはヤマダで購入することにし、
残りのメモリを含めてツクモ電機さんで購入。

AMDの指定CPUとマザーボードの
セット割引5,000円と
グラボキャンペーンの割引で
1箱に付き1,000円割引をつけてもらう。

CPU
21,885-
メモリ1Gが2枚で
12,361-
マザボ
24,266-
グラボが2箱
16,171-
16,171-
〆て
95,397円ナリ

旦那が店の人に
「端数まけてくれ」
と頼んでみるが
「上記の7,000円割引で
 いっぱいいっぱいなんですよ><
 勘弁してください><」
と今にも泣き出しそうな顔をされたので
致し方なく引き下がる。

ツクモからヤマダのLABI1へ移動
地下1階で160GBのハードディスクを購入。
ポイントを引くと現金支払い分が4,500円

今日持ってきた10万円を
ものの見事に使い切ったわけですよw

ということで
電源費用を含めると
約11万円で揃いました。

旦那曰く
「ザクがニューガンダムになった」
くらい一応性能UPしたらしい。
さすが5年前にそこそこの材料で組み上げたPCでも
5年たつとあっという間に性能落ちになるわけです。
本当にこの世界、技術革新が早すぎます・・・
とりあえずこれであと5年持ってくれればいいんだけれどねぇ
続きを読む
Posted at 18:14 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ⑤

次にグラフィックボード

AOpenの

Aeolus F86GT-WD256X


1箱約17,000円
なぜだか二箱持っている??

「なんで2箱いるの?」

このグラボはSLI対応。
つまり2枚のグラボを同時に使うことで
性能をUPできるという性質を持っている。
当然さっき選んだマザーボードも
グラボ2枚を使用できるSLI対応だ。

理論はわかった。
でもどうして2枚使う必要があるの??

返ってきた答えが

「お前、今まで俺が使っていたグラボは
 1枚で3万位の物だぞ?
 1枚じゃ足りないだろ?」

ふ~ん・・・
そっか・・

・・・・・・

えぇ、確かにこの時点では良くわからない
金銭理論に納得していた。

でも家に帰ってから
「技術革新甚だしいこのご時世、
 5年前に3万したグラボだってなぁ
 今日買ってきたグラボ1枚より性能低いんだよε=(´-`*) 」
と、2枚購入させた理論根拠そのものを打ち破る発言をする・・・
(今まで使っていたグラボはGeforce6600)

この時にやっと

ハメラレタ!

という事実に気が付くのであった・・・orz
Posted at 17:44 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
2007.06.25

パソコンリフォーム(?)〆て約11万円ナリ④

次に
「これがいい」と言っていたマザーボードを見に行く。

業界NO.1と謳われる
ASUS製の

M2N-SLI Deluxe

値段を見て愕然とする・・・
マザーボードで25,000円超えって・・・
orz

正直商品名を見る前に値段に目が行ったよw

でもこの一つ下のマザーボードは現品(展示品)限りで
お値段18,000円

この25,000円のマザボは当然箱入り。
そして性能的には群を抜いている。
将来性バッチリな子だ。

が、いかんせんお値段が。。。

「全部まとめて10万以内だったら
 いいって言ったじゃないかヽ(`Д´)ノ」

えぇ、言いました。。。

残りグラボとメモリとHDと全てひっくるめて
10万円以内ならいいと確かに言いました・・・

じゃぁ、他も合わせて10万以内なら。。。

ということでこの豪華なマザーボードをチョイス・・・orz
Posted at 17:23 | オンライン | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。